2010年10月12日

黒いバスルーム

CIMG2910 - コピー.JPG

ビジネスに成功したAさんが新しく建てた豪邸を拝見〜。家
ご自慢の部屋の後、最後に通されたバスルームはピカピカの黒一色。ぴかぴか(新しい)

「オーオー!すっすご〜!イッ、インパクトあるね〜!タイル高っそー!」

「でもね、夫がお風呂に入るとなんか気持ち悪いと云うのよね〜。」

う〜ん・・・確かに!

黒は気持ちが滅入っている時には−の色。
経営者のAさんが陥りやすい孤独感をさらに深めさせるに違いありません。

白い湯垢は白っぽいタイルに比べ目立つだろうし、
一日の疲れを癒す場所の役割で見ると
緊張感を和らげ、血流を促し心身をリセットさせる色として
大いに〜疑問が残るのです。

ウ〜ん・・・今更失敗かもよ?な〜んて言って、どっ、どうする?!あせあせ(飛び散る汗)

住宅やマンション等に限らず、工事完了した物の色のやり直しは容易ではありませ〜ん。
重くて分厚い材料見本帳とのにらめっこはきつく、

夢の中では決めかねている色たちが、ぐるぐると回るのです。








posted by ひろっち at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。