2011年02月13日

ケルルスと色彩療法

アウルス・コルネリウス・ケルルスは

ヒッポクラテスの医療を勉強した、
古代ロ‐マの学者さんで、
病気を見たり知ったり、
実験したりして、
医学書8巻を書いた人でした。


220px-Aulus_Cornelius_Celsus.jpg

彼が色を意識した、
実践的、合理的な
病気の治療のいくつかは、

菫.jpg

色を意識した
多くの種類の花が使われて、

花で作った赤・白・緑・黒などの軟膏の、

赤は傷口を短い時間でふさいで、

黄色の※サフラン軟膏は、
睡眠をさそい、
心を静かにさせると
証明したそうな。


残念ながらケルルスは、
本当の医者ではなかったけれど、

この後続く
医者と呼ばれる人々が、
色が病気の治療に役立つ事を、
立証して行く事になるぅ〜。


※サフラン=アヤメ科の多年生植物。めしべの花は食用・染料・薬用に利用されている







posted by ひろっち at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カラーセラピーヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。