2011年02月28日

黒いオーラ

黒く塗られた私のオーラ。
これが、不幸の始まりだった〜。


オーラの色.JPG


嬉しい、嬉しい、
初めて頂いた仕事はパーソナルカラー診断。

けれどもここで
ショッキングな出来事発生!

ほ〜んの軽い気持ちで、
私のオーラーを塗ってもらったら、

あらら〜、真っ黒じゃな〜い?
な、なんでんねん・・・?


ぬあんと、その方から電話があって

「すいません。私のアクセサリー、
もしかしたらそちらに迷い込んでいませんか?」

そう尋ねられて持ち物を、
見直してみるも見つからない。

翌日にも電話があって、
前日よりも強〜い口調になっていて、


「そちらにしか考えられない。ありませんか?」

探しても無い物は無いの現実に、
不安だけが募ってくぅ〜。あせあせ(飛び散る汗)

相手は確実に疑っているぅ

そして3日目の電話。

「よ〜く探したらありました。すいませ〜ん。」

なっ、なんですと〜!ちっ(怒った顔)


誰よりも親切で、
笑顔で接してくれたその人は、
もっとも私を疑っていた人だった〜。

もう、もう、ぜっ〜たいに
自分のオーラーが何色なんて
聞かないと決めている。もうやだ〜(悲しい顔)



言葉は上手に嘘をつくけれど、

絵は饒舌に真実を語る。

これは絶対、絶対、絶〜対揺るがない。
猫





posted by ひろっち at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 形と心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。