2011年06月17日

魔法?のshopカラー

隣町のパンのお店が
リニューアルオープンをした。
フランスパン.jpg

パン屋の実力は、
プレーンとペストリーで
だいたいわかる。

残念ながら今一つ?。

かつての店舗では、
再び食べたいパンには
お目にかかれなかった。バッド(下向き矢印)

されど、
新店舗の中身が気にかかる。

中に入ってび〜っくり目
うわっ!暗〜!。
ここはアクセサリーショップ?
それともカフェ?かい猫


白熱色の照明はあるのだが、
とにかく暗くて、
並んでいるパンの正体が
よ〜くわからない。


だが、この高級感は、
なんじゃ!こりゃ??がく〜(落胆した顔)

短期間に劇的に、
いまいちだったあのパンが、
美味しくなるのは疑問だけれど、

やられちまった〜ぁ!

褐色のパンたちを、
見事高級品に変身させた、
こげ茶のインテリアと
白熱色の照明たち。


ところが、
賑わう時間のお昼のはずが、
店内はたった〜2人だけ〜。

さっ、さびし〜ぃ!もうやだ〜(悲しい顔)

毎度の、
大きなお世話だろうが、

美味しいパンは飽きられないが、
茶色の魔法はすぐ消える。

若い店主のその肩に、
かかるローン?の重さが
気にかかるぅ。










































posted by ひろっち at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。