2011年11月17日

白いカーネーション

NHK・朝の連続ドラマ「カーネーション」。
明るく強く前向きな主人公と、
個性的な俳優が登場して、
何かと笑えるわーい(嬉しい顔)ストーリーに、
ドラマの大阪弁でいうなら、
「ごっつう」気に入って見ている。

朝ドラ.jpg

実は私にとってのカーネーションは
少々悲しい思い出としてある。

小学校の低学年の頃、
母の日の児童らには、
「おかーさんありがとう」の文字が添えられた
赤いカーネーションの造花が配られた。
カーネ~1.jpg

ほとんどが赤い花をもらう中で
一人うつむきがちにしているMちゃんには
白いカーネーションが配られた。


「Mちゃんって、お母さん死んじゃって居ないんよ。
そう云う子には白いカーネーションなんだよ。」

「・・・そうなんだ・・・・・」

彼女とは仲が良いわけでもなくて、
ほとんど言葉も交わさなかった事もあり、
お母さんが亡くなった時の事や
どんな人だったかを聞くことは決してなかった。

肩を落として下校する彼女の後ろ姿。
あまりにさみしげで見るのが辛かった。
あ、あんまりだ・・・。たらーっ(汗)

もし、
現在の私があの場にいた教師だったなら、
「お母さんはどんな人だったかな?
色でたとえるなら何色かな?
やさしいピンクかな?元気な黄色かな?」
そうして、そのイメージの花の色を渡してあげたのに・・・。

いやいや、
亡くなっても生きていてもお母さんはお母さん。
てやんでぇ〜。
全員が赤いカーネーションでいいのだぁ〜。



Mちゃんは今どこでどうしているのか知る由もない。
母親になり、家族や孫?にも囲まれ
幸せに暮らしていて欲しい・・・そう思う。猫
























posted by ひろっち at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。