2012年01月07日

踊る消しゴム猫

以前、
家中の消しゴムが、
忽然と消える怪現象が続いた。

ペン立て.JPG
ペン立てに何気に置かれている
特にむき出しの物がねらわれ、

捜索の結果、

下駄箱の下で、
沢山の消しゴムをご鑑賞中の猫を発見し、

犯人はぴーちゃんと判明。

「あのねぇ弘島さん。
鳥や鼠、
ましてやごきぶりを捕獲する狩り能力。
この子はすごい!えらい!
猫の中の猫だよ!」


そんなぁ獣医さんのお誉めの言葉、

思い起こしてはみるけれど、

もう、どうしてくれるのよォ〜。
家中の消しゴムが
汚れて埃りまみれじゃないのさ〜。もうやだ〜(悲しい顔)

うはっ!消しゴムみ〜っけ!
消しゴム猫@.JPG

ちょちょちょい〜っと!
消しゴム猫A.JPG

あっ、隙間に隠れちゃった。
消しゴム猫B.JPG

にゃは〜!ゲットゲット。やった〜。るんるん
消しゴム猫D.JPG

お気に入りは断然白だそうで、
白い消しゴムを見ると、
こんな風になってしまうぴー子です。
(この馬鹿っぽさ、好き〜ぃ)わーい(嬉しい顔)



夜行性の猫は抜群の動体視力と、
暗闇でも明るいものを見つける能力抜群。
色相は赤を除く青・緑とその間の色もみえると云う。


そう云えば、
ぴーちゃんの餌箱は黄色。
うるの餌箱は青。

どちらも、
自分の餌箱をはっきり認識してる様子から、
この説は正しいかもしれない。

で、ぴーちゃん、
本当の処はどうなのぉ〜?猫






posted by ひろっち at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。