2012年10月10日

ノーベル賞と水色のネクタイ

きょうも水色のお話。

あのノーベル物理生理学賞を受賞した
山中伸弥教授のネクタイの色です。
山中伸弥教授.jpg
水色がどんな色かと云うと、
青を明るくした色。

解放された時とか、
安心した時に好まれる色。
恵まれた環境で
大切に育てられた(過保護も含む)人たちが
好む色でもありまする。


見方を変えれば、
ティファニーブルーに見られる、
セレブと云われる人達にも近いかもしれない


けれども
山中伸弥教授が
口にした最初の言葉は感謝。
後に自らの責任の重さを口にして、
まだ、1人も助けていないので、
すぐに研究に戻らなければと・・・


謙虚で誠実な人柄がテレビの画面から伝わって来る。

あの田中さんもこんな感じだった。

日本人はこのタイプの人が大好きなんだよねぇ〜。ぴかぴか(新しい)

使い方をひとつ間違えば、
神の領域を犯すかもしれないips細胞だけれども


彼の様な人ならば、
大丈夫と・・・信じたい猫わーい(嬉しい顔)













posted by ひろっち at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。