2013年03月25日

ウルの膵炎@

なんやかんやと続いた行事も終わり、
ようやくホッとしたのもつかの間で、

ぬ、ぬあんと目
猫たちがたて続けに病気になった。

最初はピーちゃん。
急遽、動物病院で点滴と血液検査。

先生曰く。
「どうも猫エイズの疑いが濃いようなぁ〜」・・。
それでも、点滴のおかげ?であっと云う間に元気になった。わーい(嬉しい顔)

ところが、
今度はウルの様子がおかしくなり、
再度病院へ行き治療をするも・・・。
ぴーちゃんの様にとは行かなかった。

点滴が全く効かないのだがく〜(落胆した顔)

2回目の点滴も効果無し

ウルは全く餌もたべず
毎日吐き、下痢が止まらず、みるみる痩せて行く


3回目の点滴の際に専門機関での検査を求められ、
ようやく「膵炎」と診断された。

先生曰く
「猫の絶食は、犬と違って肝臓へのダメージが大きくて、命取りになります。
点滴しつつ、ミルクや介護食を強制的に与える必要があります。
猫用ミルク等5ccを2時間ごとに口から流し込んで下さい。
吐く様でもひるんではなりません。根気良く、根気良くです。」


猫ミルク - コピー.JPG
それがどれほど大事な事かは解っていても、

時計とにらめっこの拷問に近いミルク療法は辛い。

ウルミルク療法 - コピー.JPG
頼むから飲んで・・・とスポイトでミルクを少しづつ押しこむ

夫の前でぼろっと弱音を吐いたなら、
「お前の葛藤よりも、ウルの命を救うのが優先だぞ!」・・・と。もうやだ〜(悲しい顔)

連日の車での通院と看病で、
もう何も手が付かない、考えられない。

それでも食べなければと用意した昼食はうどん。
うどん昼食 - コピー.JPG

あ〜、これって弱ってる時の私の定番食なんだなぁ。

視界からは色が消えた・・・。




posted by ひろっち at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。