2013年06月24日

進化する?猫のつめ砥ぎ

まいった〜ぁふらふら
ウルの膵炎以来、
猫の為の支出がるんるんどうにも止まらない。るんるんもうやだ〜(悲しい顔)
かつての猫嫌いで・犬、だい大好き人間は
今や完全に猫んちどもの下部となりさがり、
我が家の経済とはかけ離れた
高級フード(ロイヤルカナン)や酵素・ミルク等の
出費は半端ではなくなった。

「このままではやばい!」
ところがまたしても、
がりがりサークルなる物をネットで買ってしもた。
がりがりE - コピー.JPG
「ほーら、赤くてかわいいよ。ピーちゃん入ってみてよ。」
と・・・なかば強制的に入れてみる。

がりがり@ - コピー.JPG
べつに〜ぃ??と感動の表情無し。

そうかそうか、
ではこれはどうにゃ!?
がりがりB - コピー.JPG

「フフフ・・・こんな事もあろうかと、
母さんが屈折三カ月を要し、対抗心および節約根性むき出しで
作った手作り爪研ぎよ。わーい(嬉しい顔)
この作業でしばし夕飯作りはストップ。
「毎度の事 もうやだ〜(悲しい顔)」と、夫はあきらめ顔で自分の部屋に消失。

がりがりD - コピー.JPG
猫・・・状況が良く分からない。

がりがりA - コピー.JPG
・・・・やっぱり良くわからない。

がりがりC - コピー.JPG
まっ・・・毛繕いでもしてみるか〜ぁ。

がりがりF - コピー.JPG
う〜nnこっちの方が落ち着くかも??

赤いがりがりサークルはおしゃれで可愛いし、
家の茶色とも違和感はなかった。

けれども、
猫たちに無視されたまんまが続いている。

強いて言うならば、
がりがりサークルは高さが足りないし
太めのピーちゃんには小いとばっ〜かし狭かった。
う〜nn・・・段ボール素材はこの季節には暑かったかもぅ

ちなみにウルは全〜く入らず・・・で、

あ〜ぁ、無駄使いで終わるかもうもうやだ〜(悲しい顔)
















posted by ひろっち at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。