2018年04月07日

ペットセラピーinペットの郷


きっと、私ほど・・・ピーを愛した者はいない、
きっと、私ほど・・・ピーを救おうとした者はいない。

きっと、私ほど・・・愚かだった者もいない。
共に戦ったピーの闘病と無念の死で、
心も体もボロボロにしてしまったのだから・・・。

でも、私ほどペットとの死別の辛さをわかる者は・・・いない。

ピーの死から間もなく2年。
何故?何故が
ずっと心を占めていたけれど、
あの辛さは
私が人の心とどうやって向き合うかの答を
見つけるための試練だった。

私の行くべき新たな道は・・
ペットロスセラピストという道。
ペットを亡した人の悲しみに寄り添うことは、
動物を心の友にしてきた私にとって、
より身近で、等身大の仕事なのだと、
迷い迷い・・・
そういう結論に至りました。

昔ご縁があった、
ペットの郷 竜ヶ崎(ペット火葬・供養等)の
友野社長さんのご厚意で、
情報誌に掲載させて頂いたばかりか、
ペットロスセラピーを開催させていただく事になりました


会場 牛久ペットの郷 http://www./petnosato.net/
4月20日(金)13時〜15時
4月22日(日)10時〜12時
参加費 1500円
各日定員   6名
グループセッション


petsato.JPG

pet1.JPG

どんな死も、納得できる物なんてないけれど、
たくさんたくさん泣いて、
たくさんたくさん思い出を語って下さい。
それこそが、心を元気にさせるのに
とても大事な事なのです。





posted by ひろっち at 19:05| Comment(0) | 猫の癌闘病記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。