2011年07月29日

桃の色

私はとてもついている。
ありがとうございます。
今年も う〜ん・・・・、
美味しい桃を頂きました。わーい(嬉しい顔)

桃.JPG

桃の色は赤でもなくて黄でもなく、

じっっくり見れば複雑で、

コーラルピンク(珊瑚色)と表現した方が、
しっくりと来るかもよ。猫


男と女の乱れた関係を
桃色遊技、

楽園や理想郷は桃源郷とたとえられ、

恋する女の吐息の色を黒ハート色と※唄う歌手もいる。



どんな時に気になるの?と尋ねると、

婚約中とか、
人恋しい時(ぬくもりが欲しい)とか、
穏やかな時などと
様々だ。


意外に知られていないのは、

甘い、やさしいのイメージとは反対の、
虐待や報われない愛を経験した人たちが、
求めたり拒絶したりする、
色だったりもする猫



※ 高橋真理子= 桃色吐息







posted by ひろっち at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 辞書から学ぶ色彩心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

未熟な色

ラッキー!私はとってもついている。
初物のサクランボ、た〜くさん頂きました。


サクランボ.JPG

サクランボには興味にゃし! なら、あげないもんね〜わーい(嬉しい顔)
ウル&サクランボ.JPG

るんるん若い娘がうっふ〜ん
お色気ありそでうっふ〜ん
なさそでうっふ〜ん
ほらほ〜ら黄色いサクランボ〜るんるん

な〜んて歌もありました。
(キャンディ‐ズも歌ってたよ〜。)

黄色は未熟・若いの代名詞。
黄色いくちばし⇒ひよっこ・未熟者、
萌黄色⇒春の萌え出る頃の黄緑
等がある。

もうひとつ未熟・若いを著わす色に
青が外せない。

青豆⇒若いさやの豆/グリンピース
青梅⇒未完熟の梅。
青ニ才⇒経験乏しい若者。
青年⇒若い人。
青臭い⇒未熟・幼稚。
青刈り⇒青いうちに刈り取った飼料・肥料用の豆など。
青写真⇒未来図(将来の設計図)。
青コーナー⇒挑戦者側のコーナー。
青侍⇒身分や官位が低い侍。
青立ち⇒稲などが実らないまま生える様子。

・・・・・etc


さーて、ここでお立会い。
色相的には緑だが、
青と表現してるは、
あら、不思議!

青虫も青豆もどう見ても緑だし、
信号の青も絶対に緑の色相だ。

自然界の緑は良〜く見ると、
青も緑も黄緑もあり、
全体で一つの緑を作ってる。


そんなんで、
緑?青?、
どっちでもええんじゃないの〜?が
成立したのでは・・・・と、
思ってる。

これは
私的な一つの見方でありますが、

ど、どんなもんでしょうか?












































posted by ひろっち at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 辞書から学ぶ色彩心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。