2014年05月27日

おまけ付き猫様予坊接種

本日はウルの3種混合ワクチン接種。

自宅から動物病院までの車中では、
毎度毎度ぎゃーぎゃーと大騒ぎされ、
運転に集中どころではなくなって、
なだめすかし、お歌を歌ってあげるやらで、あ〜忙しい。
結果、病院到着時には息も絶え絶えでぐ〜ったり〜ぃ。もうやだ〜(悲しい顔)

接種はチクッと刺してアッと云う間に終わってしまい、
接種料金はしめて5200円なり〜ぃ。

とほほ、今月も厳しい〜ぃ。もうやだ〜(悲しい顔)

しかし、
打ちひしがれし飼い主を神様は見捨てなかった。晴れ

にゃんと、
「今回は接種した方には
プレゼントがあります。よかったらどうぞ。」と来た。

「え〜??うっそ〜!!まじぃ??」目

良い年したおばさんには全く似つかわしくない、
きゃわい〜いグッズ。ぴかぴか(新しい)
予防接種おまけ.JPG
はじめての経験!「おまけ付き・猫様予防接種!!」ハートたち(複数ハート)

ちなみにグッズは定番の反対色配色で、
扇子の青と診察券ケースの黄色。
まさに私の気持ちの様な葛藤の色(PS.扇子の地色と模様の色も或る意味、葛藤色)。

扇子に描かれているのは茶トラでもミケでもキジでもない黒色で、
「魔女の宅急便」以降からの猫色の定番色。

この色は有彩色(赤・青・黄色等の色味があるもの)ではなくて、
形として強く記憶される無彩色(色味をもたない白・灰・黒)。
皆さまお気付きでしたか?
良〜く良く見て見れば、
ドラえもん・ミッキーマウス・おじゃるまる・ピカチュウ等の人気キャラたちは、
み〜んな黒い縁取りで描かれているでしょう?

ウルと扇子.JPG
悔しいけれど、どうやら記憶に残りやすいのは、
あいまい色のあたしでなくて、あいつ(黒猫)って事らしいのにゃん猫



























posted by ひろっち at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

手作り猫まんま・デビュー

ぴーちゃんが、
昨年11月と今年の3月の計2回、
カリシウイルスにかかった上に、
腎臓の数値がさがって来ていて、
赤信号が点滅しそうだと云う。

「これからは腎臓ケアのための
療法食だけを与えて下さい。」と獣医さん。

う〜n、だけれども、
ピーちゃん(12歳=高齢)の免疫力低下や、
宿命とも云える腎臓の機能低下は致し方ないと思いつつ、
大好きな煮干しもささみも取り上げて、
療法食という名のカリカリや、
灰色のどろどろウエツトフードだけを
食べさせる事にガテンがいかない。

自分におきかえたなら、
今後、好きな甘いものは一切ダメと云う事なのだから。

「あ〜ん、そんなの辛すぎる。」

ささみ、煮干しなんてと〜んでもない!」とか、
血液検査の数値ばかりを見て話す、
やさしいけれど若〜い獣医さん。
申し訳ないですが、おばさんは素直には従えませ〜ん。もうやだ〜(悲しい顔)

で・・・そんな時見つけたペット食育講座(APNA)のサイト。

乗り継ぎがちょいと面倒だけど、
埼玉の新三郷(電車+バスで約60分位)、
上住裕子さんペット食育初級講座に行ってきました。
ペット食育講座.JPG

水分の多い多種の食べ物を与えることで
ペットの血流が速やかになり、
病気にかかりにくくなるという
説明にはと〜っても納得。

予定時間をはるかに超えての熱心な指導をしてくださり、
実際にキッチンでペットのご飯も作り、
いざ「試食をど〜うぞ」となった。

「げげぇ〜。まじ?!」
挽肉、鳥レバー、アスパラガス、カブ等のご飯は、
色や匂いともに、多分、む、無理!ふらふら

が、、、勇気を出してスープを口にしてみれば、
「お〜行けるじゃん!うま〜っ!!」

やっぱ、味見しないは無責任だよねぇ〜。」もうやだ〜(悲しい顔)

家に帰り、我が家のにゃんちたちに作ったのが写真の料理。

題して、
鯖・コーン・ブロッコリー・さつまいも・えのき・ニンジン炒め煮込み
ねこまんま.JPG

人肌に温めて、にゃんちの好みの量(水)のドロドロにして、
温かい鯖を大きめにトッピングしてあげたなら、
食い付きがとても良く、美味しそうに食べてくれてる様子。

試行錯誤して行くうちに、
猫はドロドロした甘い(コーン、ジャガイモ、かぼちゃ、ご飯のねばり)野菜や
香り強いトッピングがお好みとわかってきた。猫

正直なところ、
今まで覚えたペット食の先入感がとても強くって、
100%の納得は行かないけれど、

「栄養成分重視のカリカリフード絶対神話は違う!」と云う思いは強く、
続ける事で何かしらの良い結果が出ると信じたいのだ。

今日もキッチンで2匹のにゃんちたち、
「ねぇ、今日のごはんはな〜にと?」
待ちわびる姿はめちゃ微笑ましい。

「さぁー、にゃんちども、
今日は半額で買ってきた鳥胸肉、もも肉の
野菜入りおじや風ご飯だよ。た〜んと召し上がれ!」わーい(嬉しい顔)













































posted by ひろっち at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

進化する?猫のつめ砥ぎ

まいった〜ぁふらふら
ウルの膵炎以来、
猫の為の支出がるんるんどうにも止まらない。るんるんもうやだ〜(悲しい顔)
かつての猫嫌いで・犬、だい大好き人間は
今や完全に猫んちどもの下部となりさがり、
我が家の経済とはかけ離れた
高級フード(ロイヤルカナン)や酵素・ミルク等の
出費は半端ではなくなった。

「このままではやばい!」
ところがまたしても、
がりがりサークルなる物をネットで買ってしもた。
がりがりE - コピー.JPG
「ほーら、赤くてかわいいよ。ピーちゃん入ってみてよ。」
と・・・なかば強制的に入れてみる。

がりがり@ - コピー.JPG
べつに〜ぃ??と感動の表情無し。

そうかそうか、
ではこれはどうにゃ!?
がりがりB - コピー.JPG

「フフフ・・・こんな事もあろうかと、
母さんが屈折三カ月を要し、対抗心および節約根性むき出しで
作った手作り爪研ぎよ。わーい(嬉しい顔)
この作業でしばし夕飯作りはストップ。
「毎度の事 もうやだ〜(悲しい顔)」と、夫はあきらめ顔で自分の部屋に消失。

がりがりD - コピー.JPG
猫・・・状況が良く分からない。

がりがりA - コピー.JPG
・・・・やっぱり良くわからない。

がりがりC - コピー.JPG
まっ・・・毛繕いでもしてみるか〜ぁ。

がりがりF - コピー.JPG
う〜nnこっちの方が落ち着くかも??

赤いがりがりサークルはおしゃれで可愛いし、
家の茶色とも違和感はなかった。

けれども、
猫たちに無視されたまんまが続いている。

強いて言うならば、
がりがりサークルは高さが足りないし
太めのピーちゃんには小いとばっ〜かし狭かった。
う〜nn・・・段ボール素材はこの季節には暑かったかもぅ

ちなみにウルは全〜く入らず・・・で、

あ〜ぁ、無駄使いで終わるかもうもうやだ〜(悲しい顔)














posted by ひろっち at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。