2011年04月07日

ブリザードフラワーと床の色

夫のスポーツ仲間の鉄人は
市内に避難して来た被災者の
ボランティアとして登録するも、
年令だけであっさりと外された。

彼の思いは半端でなくて、
昨日には完全武装して
東北へ出かけたそうだ。
あっぱれ! 
頑張ってきて〜!



それに比べてこの私、
ボランティアの要請もなく、
義援金しか送れないと
非力な自分に打ちひしがれている。もうやだ〜(悲しい顔)
ブリザード.JPG

そんな
私に届いた
受講生のMちゃんからの
思いがけないプレゼント。

頂く理由が見つからない。
けれどもお花はやっぱりうれしい〜。
お心使いありがとう。
黒ハート

授業で教えた床の色との調和
きちんとマスターしていてOKですぅ〜




床の色(茶色)はひとつではない。
赤みの床、黄味の床、緑味の床と色々で、
インテリアの色選びの失敗は、
床の色味を分かっていない!が
と〜っても多い。

家具・建具や額の色を
床の色味に合わせるは、
基本中の基本ですぅ〜。







posted by ひろっち at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

洗脳の白

壁や天井・本棚・テーブルが
白で統一されたアトリエに
お出でになった方々の
お決まりのセリフは
「まっ、白ですね〜。」


アトリエ.jpg

周囲の喧騒が嘘の様な、
しっとりとした
緑の後にあらわれた。
白い空間との
ギャップは大きいらしく、
驚きに近い表情で
口をそろえて云われます。

白には切り離すとか、
リセットする効果がありまして、

外の世界を切り離し、
別空間にいる様な気持ちにさせるのです。

講座やイベントの時には
伝えたい側の立場や言葉が、
すーっと入って行くと云う、
心を洗脳する効果もあるのです。

白は以外や曲者でっせ〜。


へ〜!そうなんだ〜〜?がく〜(落胆した顔)

そっ、そ〜なんです。
皆さまをだますのに好都合の色なんですよ。


あ〜あ、言ってしもたぁ〜。もうやだ〜(悲しい顔)

けれども
とことん計画的ではなくて、
予算や成り行きも色々あって
こうなってしまったのが本当で、

たま〜にやって来る人は良いけれど、
休日にここに来る事あれば、
緊張感が高まって、
厭でも仕事モードにさせられる。


ウル昼寝.JPG
ウルやピーちゃんと過ごす
茶色やくすんだ色沢山の
自宅の方がここよりも
リラックスできるに決まってるぅ〜。













 






posted by ひろっち at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

黒いバスルーム

CIMG2910 - コピー.JPG

ビジネスに成功したAさんが新しく建てた豪邸を拝見〜。家
ご自慢の部屋の後、最後に通されたバスルームはピカピカの黒一色。ぴかぴか(新しい)

「オーオー!すっすご〜!イッ、インパクトあるね〜!タイル高っそー!」

「でもね、夫がお風呂に入るとなんか気持ち悪いと云うのよね〜。」

う〜ん・・・確かに!

黒は気持ちが滅入っている時には−の色。
経営者のAさんが陥りやすい孤独感をさらに深めさせるに違いありません。

白い湯垢は白っぽいタイルに比べ目立つだろうし、
一日の疲れを癒す場所の役割で見ると
緊張感を和らげ、血流を促し心身をリセットさせる色として
大いに〜疑問が残るのです。

ウ〜ん・・・今更失敗かもよ?な〜んて言って、どっ、どうする?!あせあせ(飛び散る汗)

住宅やマンション等に限らず、工事完了した物の色のやり直しは容易ではありませ〜ん。
重くて分厚い材料見本帳とのにらめっこはきつく、

夢の中では決めかねている色たちが、ぐるぐると回るのです。






posted by ひろっち at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。